消えろ!舛添(2)

STILL ALIVE 2016/6/3 FRI

「今後、ファーストクラスとスイートルームは使用しません(から知事職は続けさせてもらいます)。」

 全く、親に叱られて謝っている子供の言い訳以下だぜ。

乗りたければ規定運賃との差額を自分のフトコロから出せばいい。
他人の金(税金)だから贅沢するんだろうけど、セコイ、奴のことだから今後はきっと「C」クラスのチケットで「F」クラスへのグレードアップしろとゴネるぜ。
 
疑問視しているのは、海外出張が必要だったのか?必要なのか? どうせ税金を使ったお遊びでしょ、ということ。 
寡聞にして米国やフランスの00州の知事、あるいはニューヨーク市、ソウル市、パリ市の市長が姉妹都市関係以外で来日してきたニュースの記憶がない。
 
 
旅行業務時代の「ファーストクラス」のどうでもいい思い出5題

1) ある課長は仏と米東海岸に出張した際、パリ-ニューヨーク間移動の航空機にコンコルド(AF)を利用した。
  偉かったのは、出張規定の航空機運賃との差額(約100万)を自腹を切って払ったこと。
 
  コンコルドは定員100人位,運賃はファーストクラス運賃の20%増し、スピードは戦闘機なみのマッハ2以上(ジャ
  ンボの約2倍速)、ただ飛行距離が短く太平洋を越えることが出来ず、またヨーロッパからも途中給油なしでは極東
  日本に届かなかったため、一部の路線就航に留まってしまった。一度ドゴール空港で見たことがあるけど細くて
  小さく、戦闘機を大きくしたようなジェット機、空飛ぶ棺桶だね。

2) ドイツ政観とLHの招待でハンブルグ・トラベルマートに参加した帰途、LHがファーストクラスに乗せてくれた
  多分南廻り便(約16時間)だったのでコンペンセーションの意味だったかも。
  さすが座席をフラットにしても前の席に足は届かない。ロングフライト血栓症(エコノミー症候群)とは無縁。
  着席すると「Y」クラスがボーディング中でも、即、ウェルカムシャンペン(多分グラスはバカラ)、C・Yクラスでは禁止
  されてる「葉巻き」サービスあり。食器は全て陶器。二度とない貴重な至福の時間でした。

3) 渋谷旅行時代、課長対応顧客が何人かいた。
  その中でも強面の○○会長の年に数回のラスベガス行きの手配は緊張した。
  内容は「NRT/LAX往復,JL(F)クラス2名、喫煙席」
  ツレの女性の名前は毎回違う?ラスベガスでの勝率は怖くて聞いていないが、LAX/LASは宿泊ホテルの手配で
  専用機(小型ジェット機)が送迎していたので大金をつかうVIPだったんだろう。
   まあ、チケットを切るだけで利益が約\80,000X往復X2名=\320,000。怖わい会長だったけど楽勝、楽勝。

4) ある同僚の仕事。「経団連の海外ミッション」。参加者は一流企業の会長・社長で当然「F」クラス指定。
  当時は日系の国際便はJLのみ、人数が多いと一つの便に収まらない。外国キャリアを手配しようにも、
  会長・社長ら当事者の思いは別にして、秘書室の連中が黙っていない。苦労していました。

5) 神田の飲み屋「ファーストクラス」
   ツマミが機内食のような体裁で出される以外普通の店。
  まあ、給仕がスチュワーデスのゴスプレで美人だったり、調度品がそれらしかったら許せるけど
  「ファーストクラス」の店名は意味不明だった。サービスは「Y」クラスでも数回行ってしまった。


舛添は全くつまんないことを思い出させてくれるぜ!


では、また



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ムーミン
2016年06月04日 07:22
毎日桝添さんのニュースが流れてますね-!! 色々と問題が発覚してますけど会見では全く納得が出来ない、会見ばかりで本当都民は、怒り爆発ですね!!! それでいて、ボーナスが出るとかって?!?! 何だか益々納得が出来ないですよね-!!! 都民の方がまるっきり納得が出来ないと思いますね-!!! 桝添さんは、ボーナス何ていらないんですよ!!都民だって、そう思っているに違いないですねそれにしても本当、なかなか納得いかない会見ばかりですね!!

この記事へのトラックバック