埋蔵金発掘課長/室積 光(☆5)

Still Alive 2020 7/7 TUE

R0017948.JPG

埋蔵金発掘課長/室積 光(☆5)

久々のクリーンヒット!

 氏の小説はデヴュー作の「都立水商!」(☆4)以来9冊目。
漫画チックな表紙なので、以前読んだ「達人 山を下りる」(☆3)風のドタバタ小説だろうとあまり期待していなかったが、意外やじっくり読ませる小説だった。

 舞台は氏の出身地「山口」の仮想都市「日照(ひてり)市」
 
登場人物は、主役意外のキャラがたっていて魅力的
  筒井明彦・・・50歳で早期退職して故郷に帰って来た主人公
  野村雅司・・・日照市役所秘書課長、日照高校の時の同級生
  中川 章・・・日照市長、日照広告高校の先輩
  伊藤信二・・・市の水産林業課員、あだ名は「惚れ太郎」
  村杉日照・・・日照市村杉生まれの小説家(室積光は山口県室積生)
         出身地を逆さに!
  立花こずえ・・神戸の芦屋在住のセレブ
  石川(投手)・地元野球チーム、シーガルズの主力投手
  神田妖子・・・キリスト教の高校に通う、早船神社の巫女
  台藤こずえ・・天童よしみが痩せた感じの「惚れ太郎」の同級生、
          あだ名は「ヨントン」=四頭身から
  台藤早苗・・・こずえの母親
  鈴木涼子・・・筒井の元女房、TV局プロデューサー
    ・
    ・
    ・
  黒木博史大尉、仁科関夫大尉・・・人間魚雷「回天」の発案者
  物語の肝です。

最後の3Pは秀逸でした。

 

お薦めの小説です。

 *室積さん1955年4月11日生まれ、同年生まれだった。
  小説以外に「福田勝洋」名で俳優としても活躍している。
   ・「3年B組 金八先生」保健体育の伊東先生役
   ・「マー姉チャン」「本日も晴天なり」「徳川家康」茶屋又四郎役
    「翔ぶが如く」だそうです。

では また
  











  
 


6月のエ!へぇ~

Still Alive 2020 7/1 WED

・日本人の名前、苗字=29万、名前=40万
 中国は4,000種、同姓同名が多い。韓国の苗字は200と聞いたことがある。

・ジョンウェインはワイアットアープから「西部=ウェスタン」のことを教えてもらった

・サラミとカルパスの違い、サラミは牛と豚のみを用いて造っているのに対し
 カルパスは鶏肉も用いている。

・三位一体とは、 キリスト教で、創造主としての父である神と、贖罪(しょくざい)者として世にあらわれた
 神の子キリストと、両者の一致と交わりとしての聖霊とが、唯一の神の三つの位格(ペルソナ)として
 現われたものであるとする説。三位はすべて神の現われ。

・インドではトイレを利用できない人が8億人、
 国連の2030年までの目標、全ての人類がトイレを使えるようにする

・ウガンダの人口の80%は35歳未満。

・ウイスキーのCM等で使われている「何も足さない、何も引かない」のオリジンはサン=テグジュペリの
 完璧がついに達成されるのは、何も加えるものがなくなった時ではなく、何も削るものがなくなった時である

 彼の名言は他にも
・人生には解決法なんかないんだ。あるのは、前に進む力だけだ。解決法は、後からついてくるものさ
・おとなは、だれも、はじめは子供だった。しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。
・計画のない目標は、ただの願い事にすぎない
・地球は先祖から受け継いでいるのではない、子どもたちから借りたものだ。
・純粋論理学は精神の破滅です。
・未来とは、あなたが予知しようとするものではなく、自分で可能にするものだ。
・心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。
・いったん出来事のうずの中に身をおいてしまえば、人はおびえないものだ。
・人を不安にさせるのは、未知のことだけだ